【たつき諒2025年7月予言】大津波は日本に来る!?その範囲とは、、

topics news

2025年7月5日午前あるいは、午後の4時18分にたつき諒先生の予言(予知夢)として、日本に大津波が来る。と、予言された内容についてご存じな方もいらっしゃると思います。
たつき諒先生についてはこちらたつき諒2025年7月予言。日本に巨大津波が!?その場所とは、、

その、2025年7月5日に起きる大津波については、東日本大震災(15m)のときより約3倍の45mの高さに及ぶ津波が起きると、たつき諒先生は予言しています。

東日本大震災の震源地の最大震度は9を観測しており、その時の津波の高さは15mに達した。

が、しかし

  • そんな東日本大震災の3倍の45mもある津波が、どのように発生するのか。
  • その津波によって、どの国が被害に遭うのか。

そのように気になる方がいるのでは。と思い今回は

  • 東日本大震災のときよりも3倍の高さの45mの津波はどのようなことが起き発生したのか。
  • その発生した大津波はどの範囲まで届くのか。

の2つを、たつき諒先生のコメントから想定し、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

2025年7月5日の大津波はどのようなことが起きて発生するのか

まず言えることが「地震説や海底火山の噴火説があるが、核攻撃による津波の発生と考えた方が自然かもしれません。」

たつき先生が言うには、

日本とフィリピンの中間あたりの海底がボコンと破裂し、そこから、巨大な津波が発生。
香港から台湾そしてフィリピンまでが地続きになるような感じに見え、
更に、その津波の高さは東日本大震災の3倍ほどあった。

と言われています。

この内容を読んで、なにか引っかかるものを感じないでしょうか。

地震や海底火山噴火説がありますが破裂というと、ちょっと大袈裟な気がします。
しかも地続き(陸続き)になるようなことは自然の力を舐めている訳ではないのですが
可能性としてほぼ0に近いのではないでしょうか。

それで、私はこれを核攻撃によるものと仮定してみることにしました。
たつき諒2025年7月予言。津波は地震からではなく核攻撃だった、、

しかも、そう考えた方がたつき諒さんが言われている内容とすごくマッチしていく気がします。

それか、このような昔アメリカ軍が誤って落とした不発の核爆弾が2025年7月5日に何らかの影響で爆発するのかもしれません。

2025年7月5日の大津波はどこまで来るのか。その範囲とは

たつき諒先生が言うには「香港から台湾そしてフィリピンまでが地続きになるような感じに見え、更に、その津波の高さは東日本大震災の3倍ほどあった」

と予知夢によって見ており、その内容を核爆発の影響と考えて解説してみると

フィリピンから台湾にかけては浅い海域なので地続きしやすいのかもしれません。

フィリピン沖の海底核爆発によってえぐられ、その反動によって高さ45mもの大津波が発生し、そのえぐられた場所に大量の海水が流れ込むことで、香港から台湾そしてフィリピンが一瞬だけ地続き(陸続き)になったと捉えることも出来ないこともありません。

【公式解説 】フジテレビ📺奇跡体験❗️アンビリバボーで話題‼️女性漫画家たつき諒著『 #私が見た未来 』

加えて、上のたつき諒先生によるイラストによると、高さ45mの大津波は、日本にも到達し太平洋側の日本列島を3分の1~4分の1ほど飲みこむという結末になると見てとれます。

なので、沖縄を始めとする鹿児島、宮崎、高知、徳島、和歌山、三重、静岡、神奈川、千葉辺りが津波の届く範囲ということになるのではないでしょうか。

しかし、たつき諒先生は、この2025年7月に起きる津波に対して日本国民が事前に準備していたことで多くの犠牲者が出ることなく、復興に向けて新しいスタートもいち早く切れると言っています。

津波が発生した場所に向かって雄と雌の2匹の龍が集まってきたことで今回起きた津波も
たつき諒先生が予言するには「良くなる方向に向かうではないか」と予測している。

スポンサーリンク
【公式解説 】フジテレビ📺奇跡体験❗️アンビリバボーで話題‼️女性漫画家たつき諒著『 #私が見た未来 』

なので、たつき諒先生がいつも言われている「信じるな。でも、疑うな。」と言われるよう、万が一に備え、2025年7月に向けての準備を今のうちに行っておいた方が良いのかもしれんません。

最後に2025年7月6日になっても、皆さんがいつもと変わらずに生活していることを願って終わりとさせて頂きます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました