ロシアが日本を〇〇する予言書が存在!!2062年未来人も、、

topics news

霊が人間に取り憑くように、神も1944年に神主である岡本天明の意志によって自身の身体に取り憑かせることに成功させている

その行いによって、神主岡本天明は17年間に及ぶ自分の意志とは関係のない
神の意志によって書き綴ったと言われる神の書物『日月神示(ひつきしんじ)』となるものが存在しています。

その書物は当初、漢数字や記号が乱雑に書かれていて一体何が書いているのか
全くもって分からなかったようですが、古神道研究家によって読み解くことができたようです。

そこには、これから起きるとされている内容のものが書き記されているとされており

その内容の一部の予言ではロシアが日本を○○すると予言しているようで
それによって東京の一部は土に還ると予言しています。

その、ロシアが日本を○○しに来ると予言している以外にも

  • 神をどうやって人間に憑依させ神の意志による予言書を書くことができたのか
  • 2062年からタイムトラベルによって来たとされる未来人の予言
  • 日本人は気付かないところで○○によって弱体化されていた
  • 富士山は今のままでは噴火すると予言

のことに関して、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

神をどうやって人間に憑依させ神の意志による予言書を書くことができたのか

『日月神示』第二次世界大〇中に今後の日本はどうなるのかと神によるお告げ(予言)を知る目的で書かれた書物とされています。

その神によるお告げ(予言)を聞くためには、人間の身体に神を憑依させることで分かるとされていたようです。

そのやり方とは『フーチ』と言った中国の占いのやり方をモデルとされたものであるとされ

今と言うより、ちょっと昔の日本で言うところの「こっくりさん」のようなものに近い「自動現象」のようなものだそうです。

その憑依させるやり方を行ったことによって
岡本天明は「あまのひつく」といった神社に訪ねたところ突然、右腕に激しい痛みを伴い

天日津久神社

それから17年に及ぶ期間、何か(神)に取り憑かれたかのように無意識の状態で文字を書き始めたとされています。

ロシアが日本○○する予言書の内容とは

その神が書き記したとする予言書の一部から、

『日本の国は一度、潰れたようになる。
一度は神も仏もないと皆が思ってしまうような世の中になる。
東京も土の一部に戻ってしまう。
そのつもりでいるように。』

と、記されているようで、東京が狙われるとされています。

この内容は第二次世界大〇後のその後の内容が書かれていると考えることもできますが
その続きでは、

『ロシアに降臨した悪霊・悪魔によって神の国、日本に攻めてくる。
彼らが北から攻めてくるときがこの世の終わりだ。
そして、そこから新しい世界が始まる。』

この予言は日露〇争のことを予言していたのではと思われるかたもいると思いますが、
実際に「日月神示」は1944年~1960年に書かれた書物で日露〇争はその過去の1904年に起きていることからも、これから起きると予言している内容のものだと考えられます。

更に、ロシアは2022年2月に日本を敵国と認定していることはご存じでしょうか。
そのことからも、ロシアは今後日本を攻めに来るのではないかと考えることもできます。

2062年から来た未来人は「今のロシアではないロシアに手がつけられなくなる」と予言している

しかし、今のロシアを見ている限りでは士気が低迷しロシア国内の経済の低迷を辿っているにも関わらず日本を○○しに来るとは想像しにくいですね。

それに関して、2062年に来たとされる自称「未来人」が2010年に予言した内容は
『ロシアは2030年以内に手がつけられなくなる』とし、

ロシアが世界的猛威をふるった2022年のロシアの段階ではないとしています。

ということから、一度ロシアはこの劣勢な態勢を中国の支援で整えることができ、
2030年以内に再度また別の国を○○しにやって来るのではないかと捉えることもできなくありません。

加えて、今後起こりえる世界〇〇に発展する鍵を握っているのは中国だと予言していますし、
どうやら日本もその世界○○に参加する形となるようです。

日本人は気付かないところで○○によって弱体化されている

その他にも、『イシヤの罠に引っかかる』と解析が難しい内容のものがありますが

イシヤとは、秘密結社であるフリーメイソンの起源が石屋(石工職人)だったことから、
フリーメイソンが日本に罠をかけている。と予言していると言われているようです。

その罠とは恐らくですが、戦後から日本はフリーメイソンと深い関わりを持つ米国によって
人体実験である3S政策が日本人が気付かない間に行われているとされていることからも分かるように
『日本人は年々弱体化している』と言われています。

その予言に関連した内容のものも日月神示には

『(日本人は)フニャフニャ腰のこんにゃく頭になる』として書かれているようです。

その3Sによって、日本人は精神的にも肉体的にも低迷しているとされている。
そう思うと、現に昔の日本人に比べれば、どちらかと言うと覇気がないように感じますし
日本が先進国ではないと言われるようになった理由も少なからず影響しているのかもしれません。

富士山は今のままでは噴火すると予言されている

富士山に関しても日月神示には書かれており

『天の使いが富士山から世界中に光を放つ時が近づいた。
富士山は本当は火山だ。
汚してはならない神聖な山に人々が登れなくなるぞ』

として、富士山を神聖なものと扱わなければならない。としています。

富士山の現状、ゴミが至るところにあったことから世界遺産に登録されるまでに時間がかかったくらい人間が残していったゴミによって今でも汚されているようです。

その人間が行った過ちによって、富士山は怒りに触れ噴火し汚らわしいゴミを一掃させ神聖還ると予言しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

唯一、日本を守る方法は神社にある

富士山にある神社

この日月神示はこのような災難や災害を守る方法も書かれています。

一番効果がある内容は、『神社を神聖なものとして日頃から大切にすること。』と書いています。

それは、富士山にも神社があるように、そこから日本人としての誇りを取り戻し心から清める必要がある。と教えてくれているのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました