【シンプソンズ予言一覧】2022年エリザベス2世死去の予言も的中!?

topics news

シンプソンズが暗示した予言の中に『2022年エリザベス女王2世がこの世を去る』とした内容の回が過去にあったようですが、今回その予言も言い当ててしまったのかもしれません。と言うか、言い当ててしまったようです。

そもそも、シンプソンズはアメリカの子供向けアニメの長寿番組でもあり、アニメの内容が度々未来を予言しているような内容が多いことから、予言アニメとしても注目されています。

そんな、シンプソンズのエリザベス女王2世が2022年にこの世を去ったと思わせる予言も踏まえて、シンプソンズが過去にどのような内容で予言を暗示させ言い当ててきたのかをシンプソンズの予言一覧として簡単にまとめてみました。

シンプソンズ予言一覧

シンプソンズ予言。新たなパンデミックの出現

1993年に放送されたシンプソンズの内容からです。

何らかの病気をもった人物が荷物を梱包する箱にめがけて咳をするシーンがあります。

そして、このウィルスの入った箱が届いた住民の間で、この箱を開けた者がウィルスに感染することになり次々と病気で倒れていくという今のコロナ社会を描き予言した内容のものになっているようです。

しかし、後から動画同士で繋ぎ合わせられた内容だったと分かり、事態は収まりました。

シンプソンズ予言。サル痘にも感染!?

しかも、このシンプソンズは今年2022年に再び流行したサル痘の出現を予言した内容のものも含まれていることから、これから起きることを前々から知っていたと思えてなりません。

シンプソンズ予言。トム・ハンクスのコロナ感染

シンプソンズの物語でトム・ハンクスと思える人物が
「僕は、トム・ハンクス。僕を直接見たら近づかないでね。」と発言しているシーンがあります。
※声優を務めたのはトム・ハンクスご本人だったようです。

しかも、それからトム・ハンクスは現実にもコロナに感染してしまったようです。

これも予言されていたのでしょうか。

シンプソンズ予言。エリザベス女王2世がこの世を去ると暗示した回

そんな、予言に特化したアニメ「シンプソンズ」が今回のエリザベス女王2世の死去となった日付が2022年とあたかも予言していたことには驚きを隠せません。

この画像の1926~2022というエリザベス女王2世が亡くなることを暗示した時期が単に偶然の一致によるものとはとても考えにくいと思えます。

それに、シンプソンズは巷で予言アニメとしても有名なので、このような死去の時期を予言したものが描けるとなれば当てる自信がなければ描けるものではありません。

2022年9月8日の日付で亡くなると予言してるシーンが存在!?

エリザベス2世に何か書かれた紙がヒラリと落ちてきたようです。

よく見てみると、なにか数字が書かれていますが、このように時期を表したような記載がされています。「8.9.2.022」

この数字をうしろから読んでみると「022年,2世,9月,8日」とも多少強引ですが読めなくもありません。

2022年9月8日午前3時10分にエリザベス女王は老衰によって亡くなられましたが、このシーンの日付となる数字が妙にエリザベス女王が亡くなられた日付に近いと思うのは私だけでしょうか。。

つまり、このシンプソンズのエリザベス女王の死去に関する予言は寿命からくる死を予言していた内容とは少し考え難いような気がします、、、このエリザベス女王は本当に老衰だったのでしょうか、、

シンプソンズ予言。トランプ大統領の就任

追記、シンプソンズは2000年の時点で既にトランプ氏が大統領になると予言をしていたようです。

そして、トランプ氏はその16年後の2016年にヒラリークリントン氏との一騎打ちで劣勢だったのにも関わらず見事大統領に就任しています。

スポンサーリンク

トランプ大統領死去??に関する予言

大統領就任をするとした予言が当たった反面、次のシーンではトランプ氏が棺桶らしきものに入り、まるでお亡くなりになる予言をしているように見えます。

果たして、これはシンプソンズがトランプ氏の死去に関する予言をしているとでも言うのでしょうか。

気になるところではありますが、今後のトランプ氏を見守っておく必要があるようです。

シンプソンズだけではなかった!?ノストラダムスの予言でもエリザベス女王の死去に関する予言がされていた!!

ノストラダムスの予言書を長年研究してきたマリオレディング氏は2005年にノストラダムスの予言を解読したとして、解読書なるものを執筆しています。

その解読書によれば「エリザベス女王は22年頃母親の余命より5年短い96歳あたりで死去するだろう」と記載されており、現にエリザベス2世は96歳で亡くなられています。

加えて、母親であるエリザベス1世も2世より5年長い101歳で亡くなられていることから、2つの予言を言い当てたと捉えて良いのかもしれません。

もしかすると、シンプソンズはノストラダムスの予言内容を知って今回のような予言をしたのかもしれませんが、

ノストラダムスの大予言の解読はとても難しいとされているので実際のところはどうなのでしょうか、

シンプソンズ予言。2023年タイタン号の圧壊による事件も分かっていた!?

1912年(約100年前)、イギリスからアメリカに航海することになったタイタニック号といった豪華客船がありました。

そのタイタニック号は誤って氷山に衝突してしまい、結果として沈没し、現在でも海底の奥底に当時の面影を残したまま眠っているとされています。

そんなタイタニック号を一目見ようとした残骸見学ツアーが2023年に開催されたようですが、残念なことにツアーとして潜った潜水艦は時間になっても戻ってくることはなく、今も行方が分かっていないようです。

そういった内容でシンプソンズも過去に放送していた為に、また予言が当たったのではないか。と言われ予言アニメとして再度注目が集まっています。

しかし、当時のタイタニック号はただ単に氷山に衝突して沈没しただけでは語り尽くせない何かが隠されているようです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました