ババ・ヴァンガの娘?弟子?ベラ・コチェフスカの予言で日本人口は1/3に!?

topics news

現代のノストラダムスと言われた最高予言者「ババ・ヴァンガ」が唯一認めた超能力者が存在します。

ベラ・コチェフスカというババ・ヴァンガと同じブルガリア出身の超能力者は、過去未来を透視する能力だけでなく、完治が困難であった麻痺した子や、脳に腫瘍がある方を治す能力を兼ね備えているようです。

ベラ・コチェフスカの超能力の精密検査を行った際、ベラ・コチェフスカの超能力の右に出る者がこの世にいないと言われる程、超能力と未来を透視できる能力に優れた人物とされており

血が繋がってはいないものの、生前のババ・ヴァンガを母のように慕っていたことから「ババ・ヴァンガの娘」あるいは「ババ・ヴァンガの後継者」「ババ・ヴァンガの弟子」とも呼ばれているようです。

そんなベラ・コチェフスカが今後、日本の人口は1/3になると予言をしてたので、今回はその事柄についてとベラ・コチェフスカが日本を訪れた際に行った超能力のお話しをさせていただきます。

1992年、日本に来日した際に皇太子さまと雅子さまの間にある呪縛を解き成婚させた!?

多賀宮において、私は皇室の安泰を祈ってきました。
皆さんとの座談会ですから正直にお話ししますと
皇太子の徳仁さまと雅子さまの結婚には、ある種の呪縛がかかっていますので、
その呪縛を解けるよう祈りました。
ですから、間もなくお二人の結婚が発表されるでしょう。

1992年に皇太子さまと雅子さまはご結婚されましたが、皇太子さまは5年間雅子さまにプロポーズを申し込んでいたとされます。

その時、ベラ・コチェフスカが日本を訪れた際に、皇太子さまと雅子さまの間にはある呪縛がかかっているせいで婚約できないとして

その呪縛を解き、そのわずか約2週間後には雅子さまは皇太子さまからの求婚を受け入れる形となり、ご結婚に至ったようです。

ここまで、超能力に秀でているとなるとババ・ヴァンガの後継者と言われるわけが分かる気がしてきます。

1992年12月から起きる日本の政治に関する予言

数日後に現在の政権は終わりを迎え、選挙が行われるでしょう。
その選挙は日本政治にとって、新しい時代の幕開けを告げる歴史的なビックバンとなるはずです。
政治についての予知は、それ自体が人々に大きな動揺を与えかねないので、
具体的なことには触れませんが、
1つ言えることはこれから大きなスキャンダルの発覚が続くでしょう。
その為、少なくとも3人の有力な政治家が倒れることになります。
政治への国民の信頼は地に落ちる。
ただし、こうした混乱は破局までには至りません。
新しい政治を作ろうという力が勢いを得て
このカオスは1995年頃には1つの決着がつき日本は新しい時代を迎えることが出来るはずです。

この予言通り、数日後の12月12日に約1年半続いた宮澤内閣は終わりを迎えています。

スキャンダルについて、佐川急便事件を検索するとトップページに1992年に起きた
東京佐川急便事件が載っており、結果として金丸信という政治家が辞職に追い込まれたようです。

東京佐川急便事件(とうきょうさがわきゅうびんじけん)は、東京佐川急便を巡る汚職事件。金丸信をはじめとして政界への金の流れが問題視された。
1992年9月28日、東京佐川急便から5億円の政治献金を受けていた金丸信は、政治資金規正法違反で東京地方検察庁から略式起訴された。金丸は、政治資金収支報告書への記載漏れを認め、5万円の罰金刑となった。だが、青島幸男が議員辞職を求めて国会議事堂前でハンガーストライキを決行する、「政治家には特別な計らいをするから“特別”捜査部か」の声が上がる、特捜部が入居する九段第1合同庁舎の「検察庁」表札には黄ペンキが投げつけられる、など世論が猛反発。金丸信は国会議員の辞職に追い込まれた。

Wikipedia

ゼネコン汚職事件を検索すると、、

ゼネコン汚職事件を検索すると1993年~1994年にかけて起きたゼネコン汚職事件が一番目にあがっており、宮城県知事、茨木県知事、仙台市長が逮捕されるかたちとなっていることが分かります。

ベラ・コチェフスカの予言した通り1992年以降の日本は政治家のスキャンダルが相次いで起きた年で、1992年の宮澤内閣解散後も、自民党政権は野党となり小選挙区制の導入などといった日本政治は一時カオス化の道を辿ることになりました。

そして、ベラ・コチェフスカの予言通り1995年からは自民党である村山富市が内閣総理大臣に任命され当時、村上政権の評価も高かったことから、日本の政治は落ち着きを見せたのです。

【ババ・ヴァンガの娘、ベラ・コチェフスカの予言】いずれ日本の人口が1/3になる時代が来る

日本は高次元の神霊がたくさん存在する国です。
日本は世界の人の精神を結びづける要となる場所に位置しています。
日本の他に地球上に9カ所の重要な場所がありますが、日本の位置は精神エネルギーの波長を調える役割を持った重要なパワースポットです。
しかし、悲しいことに現代は日本人の心が滅びゆく時代です。
伝統的な精神性が消えようとしています。

これから、世界は混乱の一途を辿ることでしょう。
しかしそれは人類がどうしても経験しなくてはならない試練です。
重要なことは人類がその試練から何を学ぶかということです。

いずれ、日本人も全体の3分の1になる時代が来ます。
その日は突如として訪れ生き残った昨日までとうって変わった凄まじい光景を見て自分の生き残ったことを後悔する日がきます。

最近となっては、いろんな予言者がこぞって2025年が危ない!!と警鐘を鳴らしており世界規模で人口が減少するような予言がされています。

  • 2011年3月に起きた東日本大震災の予言を当てたとされる「私が見た未来」の著者たつき諒さん
    「2025年7月5日フィリピン海沖で東日本大震災の3倍の高さの津波が発生し、日本まで押し寄せる」
  • 日本政府「2025年7月巨大な太陽フレアによって地球全体の通信障害が発生し最悪2週間の停電が予測されている」
  • ルドルフ・シュタイナーとイルミナティが提唱する「2025年からの人口削減計画」
  • 出口王仁三郎「闇の3日間が訪れ、世界の人民は三分になるぞよ。三割ではない。ホンマのの三分じゃ。三分どころか二分も難しい」
  • インディアンの始祖ホピ族「今の世界は4度目の世界であり、この世界も間もなく終焉となる」

今日の日本は超高齢化社会問題や、あのワ〇〇ン陰謀論説があるので、
日本の人口は徐々に減少すると言われているようですが、そのことがきっかけで日本の人口が極端に減少するとはとても考えにくいものがあります。

やはりホピ族が言うように
「今まで人類が地球を大事にしてこなかったから、その様々な因果の影響で人類はやがて滅びる」
ったった考えが一番自然なのかもしれません。

それに、ババ・ヴァンガの後継者と称されるベラ・コチェフスカの予言で
「昔の日本人にあった強靭な精神力を兼ね備えなければ、これから先の苦難に乗り越えていけない」
と、あるようにITやらAIに頼って生きるだけではいけない。と警告をしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました