関暁夫だけじゃない!!第三次世界大戦は日本でも起きるとする3つの予言とは!?

topics news

ウクライナ侵攻や台湾有事問題など今日の世界情勢を見て分かる通り、第三次世界大戦は近い未来に起きると懸念されています。

日本も例外ではなく『台湾有事=日本有事』と言われるくらいに、台湾有事が始まった際に日本が無事な可能性は0に等しいとされているようです。

加えて、Mr都市伝説である関暁夫氏は

『台湾有事=日本有事だからな。日本人よ。いい加減に目を覚ませ!!』

『矢のような島に(日本で)、第三の太陽(第三次世界大戦)が昇る(始まる)時、世界は生まれ変わる(新世界秩序が実行される)』

『空が赤くなる(核兵器が落ちる)前に、、

と、やりすぎ都市伝説で日本国民に何度も訴えかけています。

それに、日本は遠くない未来に狙われると警鐘を鳴らしているのは単に関暁夫氏だけでなく、的中率がかなり高いとされる3つの予言でも日本が危ないと暗示しているようです。

ですので今回、その日本が第三次世界大戦に巻き込まれると警告している

  1. イルミナティカード
  2. ババ・ヴァンガが認めた超能力者ベラ・コチェフスカ
  3. インドの天才占星術師アビギャ・アナンド

彼らの予言についてお伝えしていきます。

第三次世界大戦が日本でも起きると予言しているイルミナティカード

テロリストによる攻撃と書かれたイルミナティカード
9.11世界貿易センタービル崩壊テロ事件

秘密結社フリーメイソンの上層部的組織であるイルミナティによるイルミナティカードというものが1982年と1992年(復刻版)に534枚にも及ぶカードゲームとして発売されました。

しかし、そのカードゲームはゲーム性ではなく、そのカードに描かれている内容が今まで起きてきた歴史に残る大事件などを1992年の時点で、この先何が起きるか分かっていたのではないか。と言えるほど現実のものとなったことから「今後の計画を暗示しているカード」として注目されています。

そのイルミナティカードの1枚に横浜にあるインターコンチネンタルホテル横浜と赤レンガ倉庫を思わせるように描かれた建物に核兵器が落とされたかのように予言された内容のカードがあります。

まず、日本に限らず戦争が起きて最初に狙われる場所というのは、軍事施設や原子力発電がある都市または人口が多い都市と言われています。

つまり、日本で第三次世界大戦が始まってしまえば、まず最初に人口が多く、なおかつ軍事施設が置かれている横浜が狙われるといった可能性があるとして、このカードが暗示しているのかもしれません。

更に、以前から関暁夫氏は日本が攻められる時期として日本に大災害が起きた時期に、どさくさに紛れロシアや中国が侵略する危険性があると警告していました。

付随して、東日本大震災・阪神淡路大震災の発生時期やダイアナ妃・尾崎豊の死去の時期を予知夢によって予知し的中させている「たつき諒」という人物によって、横浜は2026年の6~9月の間にかけて、過去にないほどの大津波が押し寄せるとした大災害が起きると予知しています。

つまり、2026年6~9月に横浜で大津波が実際に発生した際、その隙を突いてロシアあるいは中国が日本を攻撃してくるとしたシナリオが出来てしまうわけです。

他にもイルミナティカードには第三次世界大戦の勃発を暗示しているカードが存在します。

この先、日本で戦争が起きると察知されてか、すでに海外に移住する日本人が増えているようですが、移住が可能でなくても、非難場所の確保や地下シェルターをつくっておくなどした対策を考えておいた方が良いのかもしれません。

それに、イルミナティは政治や経済体制を世界単位で統一するといった「新世界秩序」New World Orderといった計画を企てています

そのNew World Orderを現実のものとする為に、2025年イルミナティは世界の人口を大幅に削減させる計画「人口削減計画」があるようです。

つまり、イルミナティが掲げている新世界秩序をつくる上で人口削減計画があり、その人口削減計画の中に第三次世界大戦があるとも言えるのではないでしょうか。

近い未来、第三次世界大戦が日本でも起き日本の人口は1/3になるとした予言

歴史に名を残した予言者であるノストラダムスを超えるほどの実力を持った超能力者にして驚異の的中率を誇る「ババ・ヴァンガ」といった予言者がいたのをご存じでしょうか。

そのババ・ヴァンガが生前の頃、予言してきた内容があまりにも現実のものとなったため、ブルガリア政府は国民に恐怖を与える内容のものとしてババ・ヴァンガが予言している内容をすべて国家機密事項にして一般の人間にババ・ヴァンガが予言する正確な内容を分からないようにしました。

加えてババ・ヴァンガが過去に予言してきた内容は、今までに深刻な問題として起きて来た内容をほとんど言い当てています。

1986年チェルノブイリ原発事故

1997年クルスク原子力潜水艦事故「世紀の終わり目の時1999年から2000年に、クルスクは水面下にあるだろう。そして世界がそれを悲しむだろう。」

2011.3.11東日本大震災、福島原発事故「2011年に北半球の生活が放射能で汚染される」

2001.9.11アメリカ同時多発テロ「恐ろしい、恐ろしい、鋼鉄の鳥たちに襲われ、米国の双子が倒れる」

2009年アメリカ初となる黒人の大統領の誕生「第44代アメリカ大統領は黒人になる、そして最後の大統領になるだろう」

2019年新たなパンデミックの出現「コロナが私たちの至るところにある」※2020年にコロナが出現したことにより、ババ・ヴァンガが指すコロナの意味が分かったという。

2022年ロシアによるウクライナ〇〇「氷のように全てが溶ける。しかし、一箇所だけ手つかずの領域が残るだろう。それは、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光である」「多すぎる犠牲者が出るが、誰にもロシアを止めることはできない」「ロシアが全てを取り去ってしまう。そして、ロシアは残るだけではなく、世界の覇者となる

そんな脅威的な予言者であるババ・ヴァンガが、唯一認めた「ベラ・コチェフスカ」という人物がいます。

そのベラ・コチェフスカもまた他に類を見ないほどの優れた超能力者であり、今までに予言してきた内容を高確率で言い当ててきたようです。

そんな、ベラ・コチェフスカは1992年に日本を訪れた際に、次のように警告しています。

いずれ、
日本人も全体の3分の1になる時代が来ます。
その日は突如として訪れ
生き残った昨日までとうって変わった凄まじい光景を見て
自分の生き残ったことを後悔する日がきます。

ベラ・コチェフスカの文面である、凄まじい光景とは未曾有の大災害とも捉えることもできますが「自分が生き残ったことを後悔する日が来る」という表現から、災害による被害というよりは絶望的な気持ちにさせられる戦争(第三次世界大戦)による被害の可能性が高いとも言えるような気がします。

「日本が第三次世界大戦へ参戦する恐れがある」とした占星術師アビギャ・アナンドによる予言

世界単位で見てインドという国は非常に頭が良い人物が多い国と言われていますが、

アナンド君は10歳のときにインドの大学の天文学部に入り、トップの成績で卒業するなどしてインドの天才少年と言われています。

そんなアナンド君は、星同士の動きを見て今後の世界がどう変化していくのかを読み取る能力に優れているようです。

そして今後、世界がどのように変化するのかが分かる能力を持つアナンド君は、過去に世界規模となるパンデミックが流行るとして、新型コロナウィルスが発生する約3か月前に予言し言い当てたことからアナンド君の名は世界中に知れ渡ることになりました。

加えて、アナンド君は2021年2月10日と2022年3月16日は経済的に最も危ない日付として予言していましたが、そのそれぞれの日付に実際、南太平洋のロイヤルティ諸島と日本の福島沖で大地震が発生しました。

ここで問題になったのですが、経済面でその2つの日付が危ないと予言していたのにも関わらず、地震があっただけではないのか。と批判された方もいたようです。

しかし、そもそもアナンド君は、木星や火星といった天体の様子を見て予言するわけですから、超能力や予知夢によって具体的に未来のことが見える予言者と同じような予言内容になるわけがないといえます。

つまり、アナンド君は予言というよりも天気予報に近い予言と言え、正確なことまでは分からないが不穏な星の動きになれば地球にもその影響が顕著に現れるといったことを我々に伝えているようです。

前置きが長くなってしまいましたが、そんなアナンド君は2023年から戦争や怒りを象徴する星である火星の動きが良くない方向に移動しているとして、

その火星の動きによって中国とアメリカとの対立が激化し、特に火星の影響を強く受けている日本が第三次世界大戦へ参戦する恐れがあると警告しています。

加えて、アナンド君は「今後、軍事強化のために憲法改正が行われるかもしれない」と予言しており、実際に日本では軍事費を昨年に比べ1.3倍の予算で進められているようです。

それに、アメリカは中国が台湾を軍事侵攻するならば台湾を防衛するため同盟国(日本)と共に対応する」として中国に警告しています。

つまり、関暁夫氏も言っていたように、アメリカが日本を守ってくれるという時代はもう既に終わっていると気付かなければいけない時代に突入していると言え、自分の身は自分で守らなければいけない時代になっていると捉える必要があるのかもしれません。

アナンド君は第三次世界大戦が始まる時期として2029~2032年が最も可能性があるとしていますが、プレアデス星人が「人類は滅亡する」として警告している時期も2029~2032年とアナンド君と時期が一致していることから、

我々日本人はもっと危機感を持ち、その時期までに避難場所の確保や自身だけでなく家族を守れるように備えなければいけない岐路に立たされているのではないでしょうか。

7:27から日本が狙われる
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました