【エコノミスト2024年表紙考察】予知されている2025年の災害は計画なのかもしれない、、

topics news

1843年から毎週イギリスで創刊されている歴史ある経済雑誌エコノミストは年末11月頃に創刊される雑誌の表紙に描かれているイラストに毎年注目が集められています。

その年末に創刊される経済雑誌エコノミストの表紙の内容は過去に起きた出来事を予言していたかのように描写されていたことから予言書とも言われているようです。

2014年11月に創刊された2015年版エコノミストの表紙は3.11に起きた東日本大震災を予言(計画)していたと噂されている

更には、エコノミストの主要株主は名高い一流企業や世界各地の中央銀行までも掌握しているとされる世界最高の財閥グループ「ロスチャイルド家」であるようで、そのロスチャイルド家は世界を裏で牛耳っているとされるあの秘密結社フリーメイソンの上層部的存在のイルミナティと繋がっていることから、

エコノミストの表紙に描かれているのは予言ではなく、その年に起きるとされている計画書なのではないか。と都市伝説界隈では言われています。

そんな、エコノミストの表紙には我々日本人はあまり登場してきませんが、日本が今後どのようになるのかを暗示したような描写が多数含まれているようです。

ですので、今回は2020年、2021年、2022年、2023年、2024年のエコノミストの表紙で予言されていたとする出来事を振り返って考察しまとめてみました。

【エコノミスト2020年表紙考察】日本の国旗のように見える??

まず、2020年のエコノミストは表紙がどこか視力検査表を連想させるものになっています。

視力検査をする際は片目を隠して行いますが、その片目を隠すポーズがロスチャイルド家と繋がっているとされる組織のポーズと同じことから、何らかのメッセージが含まれているのかもしれません。

THE WORLD IN2020まではすぐに分かりますが、それ以降は単語が重なりあっているようで理解が難しくなっていますがアンダーラインで区切ると分かりやすくなります。

そして、下にいくにつれ段々文字が小さくなっていっていることから、大きいものは多くの人が見えているものの、小さいものは多くの人が見えていないものと捉えられ、重要なものは文字が小さくなっていると言えるのかもしれません。

それでは、ラインごとに区切った単語の最初の方から2020年に予言されていた出来事をおさらいしていきましょう。

  • 「TRUMP」2019年当時、トランプ氏は大統領であったが、下の綴りを見るとEXITとあることから「政界から退出する」といった意味と捉えることができ、実際にトランプ氏は大統領選挙でジョー・バイデン氏に敗れ大統領の座から退出するかたちとなった
  • 「BREXIT」現に2020年2月1日にイギリスはEUを離脱した
  • 「AI」AIの技術進歩には今後注目しておく必要があることは承知の上
  • 「TOKYO」2020年に東京オリンピックは567の影響で中止
  • 「MARS」NASAの火星探索ミッション(火星の大気から酸素を製造する実験)で使用するマーズ2020年7月打ち上げられ、2021年2月に無事に着陸
  • 「CLIMATE」気候変動、特に変わったことはなかった
  • 「XI」習近平(シーチンピン)のことを指している→台湾問題と中国のバブル崩壊を示唆??特に変わったことはなかった
  • 「RECESSION」2020年は劇的に景気後退はしていない
  • 「MODI」インドのモディ首相2019年経済成長が鈍化
  • 「EXPO」ドバイ国際博覧会は2021年に延期
  • 「SDGS」人類が今後も安心して生きていけるようにする為の17の開発目標を掲げた組織があるが、一部では利権争いや利益集めを目的として参加している国がいるとも言われ、2020年に起きたパンデミックが利益を生みだす為につくられたとも言われている
  • 「BOND」2020年に007のノータイム・トゥ・ダイが公開予定だったが567の影響で2021年4月2日に延期
  • 「BEETHOVEN」ベートーヴェン生誕250周年を迎えるが、ベートーヴェンはフリーメイソンリーだったと言われている
  • 「VISION」ビジョン2020失明予防キャンペーン、表紙自体が目に関する視力検査のものでベートーヴェンも目が見えない人物だったことから目に関する問題が起きるとされ危惧されたが何もなかった
  • 「BIODIVERCITY」国連生物多様性会議バイオテクノロジーによる遺伝子操作などの裏のメッセージが??→菌の遺伝子操作567??
  • 「RAT」2020年は子年(ねずみ)であったが、日本にしか干支はなく、そのことを表していたのかは不明、しかし2020年エコノミストの表紙の20が中央に赤で表記していることから0が日本の国旗の日の丸を模してるようにも見える、更に次の2021年のエコノミストも日本のことを指しているようなものがあることから日本が今後どのようになるのかを日の丸の形を変えて伝えているのかもしれない
  • 「NPT」核兵器の不拡散に関する条約を検討する会議が2020年5月に行なわれることになっていたが2021年以降に延期
  • 「WARREN」ウォーレン2020年大統領選挙立候補者エリザベス・ウォーレン
  • 「RAPHAEL」ラファエロ・サンティ、ルネサンスを代表するイタリアの画家でコロナのような症状で亡くなったとされているが、そのことを伝えていたのかは不明
  • 「NIGNTINGALE」ナイチンゲール生誕200周年、ナイチンゲールも失明していたが、、
  • 「RUSSIA」ロシア2022年にウクライナを軍事侵攻したが、そのことを言っていたのかはよく分からない

この2020年版エコノミストは、567の影響でオリンピックや映画007など様々な企画が延期されたことで開催されませんでした。

そういったことも相まってかエコノミストの編集長は2020年版エコノミストは失敗に終わったと嘆いていたようですが、

2020年ウクライナ侵攻が2022年に開始されると誰もが予想してなかった頃、失明に関する内容が続いたあと最後にロシアがあることから、2020年の時点ではロシアは誰からも目に止まることなくウクライナを攻めるよう準備を水面下で行っていると暗示していたのかもしれません。

それに、過去に起きてきた戦争は全て、エコノミストの株主でもあるロスチャイルド家が意図的に引き起こしてきたとも言われていますが、、これ以上深入りすることはやめておきます。

【エコノミスト2021年表紙考察】大日本帝国の頃を思わせる国旗が??

2021年のエコノミストの表紙はスロットマシンに意味ありげな絵柄が描かれており、右下のコインの投入口には「INSERT STIMULUS FUNDS」と書かれ景気刺激資金を投入してくださいとあります。

これは、2020年から世界で流行したパンデミックで停滞した経済を回復させる為、コインを投入してください(お金を円滑に回してください)といったメッセージが込められているようです。

更に、スロット台のリールの画面下に注目すると、かつて大日本帝国の頃の国旗である旭日旗の模様のように見えますが、2020年から引き続き2021年、2022年、2023年のエコノミストの表紙は、どれも日本の国旗を表したものに見えることから、年度順に過去、現在、未来というように日の丸が変化しているように見えます。

それに、次にスロットは通常、上から下にリールが動くことから、下は過去を指し上は未来を指していると言えます。そして、赤の矢印が付いている位置が現在を指しているようです。

過去、現在、未来とそういった視点で左のリールから考察していくと、

①マスクの下にクエスチョンマークがあることからパンデミックの出現のことを示しており、2019年終わり頃から2020年初め頃の過去に起きたことを表していると言えます。

そして、その次にパンデミックによって人々がマスクをするようになったのが、2021年版エコノミストの発売当時の2021年11月(赤の矢印が現在を指す)で、

その次にはワクチンを打つようになる未来が来るとされ、実際にもワクチンを打つようになりました。

しかし、そのワクチンの液をよく見ると緑色をしています。海外では毒を表す色でよく緑が使用されていることが多く、そのワクチンも打たない方が良いと言われています。

さらに、上にはウィルスの絵柄がありますが、これはまた新たなウィルスが流行るのか、それとも変異株のことを指しているのではないかと当時は言われましたが、今となっては変異株のことを予言していたと言えるでしょう。

②次に2つ目のリールに移りますが、絵柄を見ていくとアメリカで起きた。あるいは起きるだろう。とされる出来事を予言していると言えます。

まず、tiktokをトランプ氏が大統領在任中に排除する動きが過去にあったことから、tiktokの絵柄が過去の位置にあります。

その次にアメリカの国旗が割れているように見えますが、これはトランプ氏とバイデン氏の政権争いによって完全な二極化されたことを表しているようです。

そして、バイデン氏が大統領になった2020年11月のときに、この2021年版エコノミストが発刊されたので現在の位置にバイデン大統領の絵柄があります。

更にその上の未来の位置には、核爆弾を表す絵柄になっていますが、2021年を過ぎた今を振り返るとアメリカではそういった核爆弾に関しての問題は起きていないようです。

しかし、2022年2月にロシアがウクライナを軍事侵攻しましたが、アメリカはウクライナに10兆9000億円分の軍事的支援を行ったことを予言していたのかもしれませんが、、

③次に左から3番目のリールですが、過去の位置に中国の国旗がることから中国で起きる内容を指していると言えます。

そして、その中国の絵柄の上にあるのは風力発電を連想させる絵柄のようで、中国は原子力に頼らず発電エネルギーを生みだせるよう開発を進めているといった意味で次の風車の絵柄があるようです。

その風車の上の未来を表す箇所にはドルの絵柄がありますが、中国が原子力に頼らずに風力や太陽光などを利用しエネルギーを作り出せるようになれば、石油に頼っているアメリカのドルは破綻しかねないといった意味合いでドルの絵柄が描かれているように予言していると言えます。

更に上の未来の位置には、?マークの絵柄になっています。もし中国が原子力に頼らず風力や太陽光でのエネルギーを十分に生み出せる国になれば、ドルは崩壊し、中国が世界の中心になる時代が来るのかもしれない。としての?だったのかもしれません。

④そして最後、左から4番目のリールは世界規模で起きることを表していると言えます。

その下にはウィルスの絵柄になっていることから2020年初頭から世界規模で流行ったパンデミックを指しているようです。

そして、そのパンデミックの影響から自粛するようになった為、リモート(Zoom)を使って人とのコミニケションだったり仕事を行う方が増えたことを表す絵柄になっています。

これまでが、エコノミストが発売されたときには既に起きた出来事ですが、

次に、未来の位置に木が燃えていることから森林火災を表しているようですが、現に2021年は特に21世紀最大となり広範囲に渡り木々が燃え問題となりました。

2021年夏、トルコやギリシャをはじめとする地中海沿岸で、大規模な山火事が発生し、人の暮らしや野生生物に大きな被害をもたらしました。同じく、ロシアでも森林火災が発生。燃えた森の面積は、日本国土の半分に匹敵し、21世紀最大の規模となりました。特に深刻だった地域は、極東のサハ共和国(別称:ヤクーチア)。緊急事態宣言が発令され、消防隊、軍用機が出動、2,000名を越える人々が消火にあたりました。

WWFジャパン

ブラジル・アマゾンでも2023年前半で全体の34%減少したことから森林減少は世界問題として、次の未来を指す絵柄がグラフで上昇傾向にあることから2021年から森林火災に関する問題が急加速すると予言あるいは警告していたのかもしれません。

【エコノミスト2022年表紙考察】日本が標的にされると予言??

この2022年のエコノミストのタイトルは今までの「THE WORLD IN→世界はこうなる」ではなくなり「THE WORLD AHEAD 2022→2022年から先の世界」といった意味の表記に変更されています。

そんな2022年のエコノミストの表紙ですが、まず一番に目につくところは近年もっとも経済的に急成長を遂げている中国(習近平)と、

現段階で世界のリーダーとも言えるアメリカ(バイデン大統領)が背中を合わせる様にして、互いを意識し合っているところにあります。

そして、ロシアがウクライナを再び自国の領土として取り戻す為に軍事侵攻を仕掛けているように、中国もかつて中国の領土だった台湾を奪還する為、台湾を攻め込む行動にでるのではないかと懸念されているようです。

その中国の中国統一に向け台湾を侵攻した際に、アメリカがそれを阻止しようとするものなら中国もアメリカに対して黙っていないと両者同士が睨み合っている現状を描写しているようにも見てとれます。

それに、中央に567の菌を拡大したようなものが写っているからか、その菌を観察するときに用いる顕微鏡と、その菌に対抗する注射器が写っています。

しかし、その顕微鏡は大砲で、注射器はミサイルのように見えるようにしていることから、この菌が中国の武漢から世界に広まったことでアメリカが中国に対して、それ以上広めてくれるるな。と警告しているようにとれます。

加えて、その両国の567の菌に、中国側には容器のようなものが、アメリカ側は右肩上がりのグラフのようなものがありますが、

中国の容器に入っているもの(567)によって、感染者数が増加傾向になったことをアメリカ側のグラフが表しているようにも見えます。

次に、脱原子力を掲げ、中国・アメリカ両国共に風力発電に力を注いでいるように、風力発電に用いる風車のプロペラが映されていますが、明らかに中国側の風車の方が大きいことが分かります。

その風車の大きさの違いから、今のアメリカより中国の風力発電技術が明らかに優れている現状を示していると言えます。

それに、中国側「習近平氏」とアメリカ側「バイデン氏」の近くにあるグラフをよく見てみるとアメリカ側は一度下がって再び上がるものの、従来ほどまで戻っていない傾向にあり、中国側のグラフは一度下がりはするものの下がる前よりも上がっているように見えます。

そのグラフは、2022年以降にアメリカと中国で起きるGDP(国内総生産)の動きを示したグラフと言え、今後のアメリカと中国の経済は逆転すると予言しているのかもしれません。

続いて、仮想通貨で知られるビットコイン・イーサリアム・リップルなどがちりばめられているのがお分かり頂けるでしょうか。

フリーメイソン率いるイルミナティが新世界秩序「new world order」を掲げ、国という概念を排除し、世界を一つの国として統一させる計画がなされているように、

その仮想通貨は、世界を統一させる為の前に必要な手段とも言え、その計画はもうすでに実行されているようです。

近い将来、世界の国という概念が無くなり、通貨もひとつに統一され、政治はAIが担うことまで計画しているのかもしれません。

更に、2021年エコノミストの大日本帝国の国旗を思わせるスロット台に引き続き、両者が対立し合う背景にスナイプ(標的)ともとれる的のようなものが日本の国旗にも見えます。

加えて、顕微鏡が大砲のように日本の国旗を狙っているように見えることから、日本が他国から狙われる(標的になる)ようなことが近い未来に起きるとも考察できます。

2022年7月に阿部元総理が演説中に暗殺されたが、この一連の出来事を予言(計画)していたとも言われている。

それに「アメリカは中国が台湾を軍事侵攻するならば台湾を防衛するため同盟国(日本)と共に対応する」として、中国に警告していることからも、日本はいずれ台湾有事に巻き込まれることを暗示しているかのようです。

そして最後、スペースシャトルのマフラー部分のようなものが見えますが、近年において宇宙人は存在し、文明も我々人類と比べ物にならないほど高度な文明を持っていると言われています。

そんな高度な文明を持つ宇宙人といち早くコンタクトをすることは、世界経済のトップに立てると言え、その為に2022年以降さらなる宇宙開発が進められていることを示唆(予言)しているということではないでしょうか。

【エコノミスト2023年表紙考察】日本が狙われバラバラになると暗示している!?

2024年のエコノミストは2023年版と対照的に黒と赤が基調で、まるで各国の大統領がそれぞれの仮想世界(メタバース)に住んでいるかのような表紙です。

それに、日本政府も2050年までの目標で人が仮想世界上で身体、脳、時間の制約から解放された社会を現実のものとするムーンショット計画がすすめられています。

加えて、今後メタバースを利用する人々が爆発的に増えていくと予想されているようです。

既に大手企業(アディダス)も仮想世界に参入し、その仮想世界で着る服などを販売していることから、近い将来に個人も仮想世界でお金を稼ぐような人が出てくるのかもしれません。

次に、ロシアの大統領であるウラミジール・プーチンが真ん中の位置に存在感を表しているようですが、そのプーチンの右下にウクライナの大統領ゼレンスキーとその両国間の軍隊の車両と思われる戦闘車両があります。

2022年2月から開始されたロシアによるウクライナ侵攻は今も終わる気配が無く大きな世界問題となっていますが、

日本もその影響を受け、天然資源である石油や天然ガス、小麦などの食料の輸入先が遠くなったことから物価上昇が深刻となりました。

さらに、その左上の方には中国の習近平と台湾の蔡英文がいますが、かつて台湾は中国の領土だったこともあってか、中国はロシアがウクライナを侵攻したように台湾を侵略するのではないかと懸念視されています。

もし、その台湾有事が開始されると、また更に日本の輸入ルートに悪影響がでてしまい、石油や食料の物価の上昇が危ぶまれるとして一番下の運搬船が予言しているかのようです。

そして、2022年8月にアメリアのナンバー2であるペロシ氏が台湾を訪問した際に中国は「ペロシ氏は台湾を訪問する際、中国に許可をとらず台湾を訪問した」として中国はペロシ氏を非難したことがありました。

ペロシ氏に対しての中国のその態度から、中国は台湾を今でも中国の一部の領土として見ていると言え、2023年から先の未来に台湾有事が始まるとして予言していると言えます。

加えて、中国の習近平の隣にドローンのようなヘリのような乗り物が写っていますが、それは「eVTOL」と言うXpeng Aeroht社が開発した空飛ぶ車のことでX2と呼び、中国の民間航空局から特別な条件下で飛行を許可されました。

そのX2は今後、莫大な需要が期待され2024年には空飛ぶ車として2000万円で販売を計画されており、2050年には世界で1000兆円を超える市場として注目されているとのことです。

そして、中国の習近平とアメリカのバイデンとの間に宇宙探査機のようなものがありますが、これはNASAが開発した小惑星探査機で「Psyche(サイキ)」と言い、太陽系から外れた場所から飛来してきた小惑星「Psyche(プシケ)」を調査するために2023年10月10日に打ち上げられた探査機です。

しかし、その小惑星「Psyche(プシケ)」を調査する為に、わざわざ地球から探査機を送ったのでしょうか。

それは、その小惑星「Psyche(プシケ)」の成分はニッケルや鉄などの金属のみで構築されており、地球の中心にあるとされている核(コア)の成分と同じようなものからなっているとされていることから、その惑星を調査する価値が大いにあるといわれています。

さらに、空飛ぶ車X2の隣に蜂の巣の形をした「ジェームズウェップ宇宙望遠鏡」がありますが、この宇宙望遠鏡は従来の「ハッブル宇宙望遠鏡」と比べ感度は100倍、鏡のサイズも6倍と桁違いで性能もさることながら、開発費も100億ドル(1兆3000億円)とかなり高額な宇宙望遠鏡のようです。

その「ジェームズウェップ宇宙望遠鏡」は2021年12月に打ち上げられ現在は160万キロ先に到達しているとされています。

そして、2022年12月には、観測史上最も古い134億年前の銀河を撮影することに成功し、138億年前に起きたとされるビックバンを捉えるまで後わずかとなっているようです。

最後に、イタリア初の女性大統領であるジョルジャ・メローニがいますが、彼女は保守的で自国優先主義者です。

そのことから他国との関りを過剰に深めようとせずに、まず自国を最優先として減税・子育て支援・エネルギー料金の負担軽減などの国民の安全を確保するといった政治活動を行ってきました。

その為、ジョルジャ・メローニ氏はイタリア国内で支持率は高く、今後の政治活動に国民は期待を寄せているようです。

しかしなぜ、そんなイタリアの首相であるジョルジャ・メローニ氏が2023年のエコノミストの表紙に登場したのでしょうか。

その背景に、ジョルジャ・メローニ氏は過去にEUに対して批判的な立場に立っており、ロシアと親密な関係を築いていたイタリアのベルルスコーニ氏とサルビーニ氏との連立関係にありました。

それに、ジョルジャ・メローニ氏自身も過去にロシアとの関係改善へ賛成していた人物です。

これらのイタリアとロシアの親密な関係から、イタリアがロシアに寝返りを打つ未来がやってくると2023年版エコノミストが予言しているのではないでしょうか。

そして最後に、2020年、2021年、2022年のエコノミストの表紙が日本の国旗を思わせる描写の変化を辿っていくことで、日本の行く末が見えてくるようです。

2022年のエコノミストの表紙は日本の国旗の日の丸が標的に見えることから、他国から狙われるとも考察できます。

続く2023年のエコノミストの表紙は、2022年のエコノミストの表紙の日本の国旗の日の丸がバラバラになったことを表現しているようにも見えます。

実際に、第三次世界大戦が日本でも開始されると予言しているのはイルミナティだけではないことをご存知でしたでしょうか。

【エコノミスト2024年表紙考察】2025年7月に日本も影響を受けると予知されている災害は計画だった??

2022年11月に続き、2023年11月に創刊されたTHE WORLD AHEAD 2024の表紙も台湾有事が起きるかのようにして描かれているようです。

アメリカのバイデン首相と中国の習近平国家主席の中央に2つの地球儀がありますが、よく見てみると日本もその地球儀に含まれています。

そして、アメリカ側が青、中国側が赤として上の青丸と赤丸の両国が徐々に重なりあった結果、台湾有事に発展し地球儀に描かれた国(日本も含む)がその戦争に影響すると暗示しているかのようです。

加えて、2025年に起きるとされている数ある問題のひとつに2025年7月5日にフィリピン海沖で巨大津波が日本、台湾、フィリピン、グアムまで押し寄せ、多大な被害から沈没する地域もあるとして私が見た未来の著者であるたつき諒先生が予言(予知)されていますが、

その津波が発生すると予知している場所を中央として地球儀が描かれていることから、まるで2025年7月に起きると危惧されている出来事を暗示しているかのようです。

それに先述しましたが、THE WORLD AHEAD 2024の意味は2024年から先の世界といった意味合いなので今年中に必ず起きると予言されてはいません。

人工地震を意味するイルミナティカード

なので、台湾問題もですが、2025年に発生すると予言されている巨大津波も、もしかするとロスチャイルド家またはイルミナティが計画している出来事のひとつだとして2024年版のエコノミストに密かに暗示させたのではないでしょうか。

それに、信じられないかもしれませんが、地震や台風等の自然災害は人の手によって起こせる技術が昭和の時代からあると言います。

更に、2024年のエコノミストの表紙で一番に目につくのは、左上にいるウクライナの首相ゼレンスキーと右上にいるロシアの首相ウラミジール・プーチンがいます。

そして、その2人に挟まれるようにして砂時計があり、その砂時計の砂は半分以上は落ちているようです。

更に、その下にある月と太陽らしきものが重なって皆既日食をしているように見えることから、ウクライナ侵攻は2024年の皆既日食をする頃に終戦を迎えると予言しているかのようにも考察できるのではないでしょうか。

それに、ノストラダムスを凌ぐほどのブルガリアの予言者ババ・ヴァンガの予言でもウクライナ侵攻は来年の3月31日までには終わると予言されていたようです。

次に、その下にいくと選挙箱のようなものがあります。

2024年は選挙が大きな鍵を握っていると予言しているかのように、ロシアのプーチン大統領の上には、来年に大統領選挙を控えるドナルド・トランプ氏のような面影があり、そのトランプ氏に?と、その左上には平和の象徴である鳩が描かれています。

もし、アメリカの大統領にトランプ氏が再就任することになればの条件付きで、ウクライナ侵攻は終わりを迎えるという終戦予言を暗示しているのかもしれません。

付随して、ゼレンスキーの上に髪を結んだ女性のような面影が写っています。その女性はゼレンスキーの妻「オレナ夫人」という意見もあるようですが、

おそらく、中央に大きな選挙箱があるように2024年メキシコの大統領選挙に向けて女性初の大統領になると期待されている「クラウディア・シェインバウム」のことではないかと思われます。

シェインバウム氏はもともと研究員であり、気候変動に関しての政府間パネルのメンバーとしてノーベル賞を共同受賞しています。

それから、メキシコ市長になり「汚職の蔓延」「麻薬の密売」「治安問題」と様々なメキシコの問題に真摯に向き合ってきた人物のようです。

しかし、なぜそんなクラウディア・シェインバウムの右上に核兵器を思わせるイラストが描かれているのでしょうか。

イラストの流れ的に考察すると、クラウディア・シェインバウムがメキシコの大統領になればウクライナ側に軍事支援を行うことで、それを知ったプーチンが降参するといった感じなのかもしれません。

プロビデンスの目をした魚(仮想通貨)が世界の通貨を食べている様子

他にも、円、ドル、ポンド、ユーロが描かれ右肩下がりのグラフがあるように、世界の紙幣は次第に価値がどんどん下がっていくように見てとれます。

そして、そのような通貨の代わりに世界各地で誰もが仮想通貨を扱うようになり、気付いたときには全世界で同じ通貨を使用するといった未来が待っているとも考察できます。

それに、イルミナティカードのBank Merger「銀行合併」といったカードがありますが、一番大きな左のプロビデンスの目をした魚(仮想通貨)から世界の通貨が食べられることを予言?(計画)しているかのようです。

そして最後、2024年エコノミストの表紙にもプロビデンスの目のようなイラストが描かれ、そのプロビデンスの目に繋がれた人間の脳のようなものがあることから、

イーロン・マスク氏が、人間の脳にマイクロチップを埋め込み、人間の脳と人工知能を融合させようとしている計画を表現しているようにも見えます。

しかし、なぜマイクロチップ(人工知能)がプロビデンスの目に例えられているのでしょうか、、

何事も無く、人工知能(AI)と人間の脳がうまく融合し、画期的な世界になることを願っています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました