【ババ・ヴァンガ予言2024年版】ウクライナ侵攻は2月24日までに終戦する

topics news

ババ・ヴァンガは予言者である前に、人間の目には見えない霊や異質な存在と交信できる霊能者兼超能力者でもあり、その人並外れた特殊な能力によって未来に起きる出来事を予言し言い当ててきたと言われています。

ちなみに、ブルガリア語でババはお婆ちゃんといった意味のようですが、日本語と同じ呼び方のようです。

そんなババ・ヴァンガに以前、チャネリングを試みた方がいたようですが、通常の霊の場合、チャネリング後に数時間もあれば体調は元に戻るとされています。

チャネリングとは、高次の霊的存在・大聖・神・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味し、アメリカで1980年代に隆盛した「ニューエイジ運動」の中で使われるようになった名称である。

しかし、ババ・ヴァンガとチャネリングした際はチャネリング後から約1か月以上も体調が戻らず不調が続いたようです。

そんな、得体の知れない力を持ったとされるババ・ヴァンガは生前から的中率の高さ故にナチスのアドルフ・ヒトラーが度々ババ・ヴァンガを訪れ、この先の世界がどうなるのかをババ・ヴァンガから教えてもらい、ヒトラーは今後どのような行動をドイツがとれば良いのかを判断していたとされています。

加えて、ババ・ヴァンガの祖国であるブルガリアでは、ババ・ヴァンガの死後以降、起きると予言をした内容を世界に知らせてしまうと、パニックに陥ってしまう地域がでると危惧して、ババ・ヴァンガの予言をブルガリアの国家機密として封印したようです。

しかしながら、ババ・ヴァンガの予言内容はブルガリア政府によって公に公開されていないはずなのですが、海外有名占星術サイト「Astroframe」が毎年恒例のように紹介してくれています。

ですので、そのサイトが紹介しているババ・ヴァンガの2024年に起きるとした予言を見て行くことにしましょう。

ババ・ヴァンガの予言2024年版

ウクライナ侵攻は2024年2月24日までに終戦する

ロシアの首相であるウラミジール・プーチンは、2022年2月24日にウクライナを自国の領土として取り戻す為に軍事侵攻を行いましたが、

実はババ・ヴァンガは生前の予言で「2が5個付く日に隣国間の紛争が始まる」として予言していたことから、このウクライナ侵攻のことを指していたかのように思えます。

更に、その隣国間の紛争は2年未満に終わるとババ・ヴァンガは予言していたことから、ウクライナ侵攻は2024年の2月24日までには終戦を迎えるということになります。

加えて、2024年版のエコノミストでもそのような予言をしたような表紙内容だったことも含め、来年の2024年が始まってすぐに終戦するのかもしれません。

ロシアの首相プーチンが暗殺される??

更にババ・ヴァンガは「2024年プーチン大統領が国内の何者かによって暗殺されると言ったビジョンが見える」と予言していたそうですが、

このババ・ヴァンガが予言したプーチン暗殺説は、本当にブルガリアが公開したババ・ヴァンガの予言の情報なのでしょうか、、

生物兵器の実験及びウィルステロを行う国が現れる!?

中国が2021年にウィルス(567)を世界中に拡散したと言われていることから、ある意味で「生物兵器」(ウィルス)を世界に送り出したウィルステロだったと言えますが、

ババ・ヴァンガは「コロナが私たちの至るところにいる」とこの世を去る直前に言っていたようです。

ですから、また中国あるいは他の国がそのような生物兵器の拡散を2024年に仕掛けるとババ・ヴァンガは予言したということなのでしょうか、、

そのような生物兵器に関する情報で、Mr.都市伝説「関暁夫氏」が以前、研究所爆発を意味するイルミナティカード「Lab Explosion」を取り出し、このカードを忘れるなとして、2023年8月頃に警告しました。

そのイルミナティカード「Lab Explosion」のイラストは猿が描かれていることから、サル痘の流行を暗示したイルミナティカードとして、もう既に予言が当たったイルミナティカードの部類に入っているはずでしたが、

関暁夫氏が、「もう一度このカードをスキャンしてみろ」と警告した背景に、

どこかの国で新たな生物兵器を生み出す為に、生物実験もしくは人体実験を繰り返し行い、2024年日本を含める世界中に拡散できるよう水面下で計画を企てているともとれる内容だったのかもしれません。

世界的経済危機が訪れる

ウクライナ侵攻を始めとする2023年10月7日にイスラエル国内で開始された戦争が2024年から更に各国で勃発するとなると、

日本のように主に輸入に頼って物資の流れを整えている国にとっては更なる物価の高騰が示唆されているようです。

更に、今の世界情勢を鑑みても先進国で世界のトップに位置付けされているアメリカ、中国、ヨーロッパ諸国、もちろんロシアも2024年から、経済力の低下が顕著に現れるとされています。

現に、中国では経済成長は完全にストップし、来年から低迷の一途意図を辿るのではないかとされています。

2023年11月、サンフランシスコでジョー・バイデン米大統領と会談した際、中国の習近平国家主席は弱い手札で臨んだ。中国経済は、一般的な認識にも国家主席の野望にも遠く及んでいない。習金平は経済的、外交的、軍事的に国際的な舞台で中国の力を積極的に主張するという点で、前任者をはるかに超えた。実際、習近平は数々の成功を収めたが、その過程で欧米や日本の多大な好意を不信と敵意に変えてしまった。そして今、習近平は自身が率いる中国経済がここ数十年で最悪の状態になっていることに気づいた。屈辱を味わっているに違いない。

Forbes japan

その中国に続くようにアメリカも2024年以降から経済低迷を表すかのようにアメリカ各地で銀行が閉鎖されているようです。

2023年5月1日 21時35分、アメリカの金融当局は、経営の懸念が高まっていた銀行「ファースト・リパブリック・バンク」が経営破綻し、預金と資産を大手銀行のJPモルガン・チェースが買収すると発表しました。
アメリカの銀行破綻としては、3月に破綻したシリコンバレーバンクを上回り、史上2番目の規模となりました。
アメリカのFDIC=連邦預金保険公社など、金融当局は1日、カリフォルニア州に拠点を置く銀行「ファースト・リパブリック・バンク」が経営破綻したと発表しました。
併せて、この銀行の預金と資産を大手銀行のJPモルガン・チェースが買収すると発表しました。

NHK NEWS WEB

このような世界情勢を鑑みても、ババ・ヴァンガが予言した2024年に世界的経済危機が訪れるとした予言は的を射ているのかもしれませんが、

毎年このような予言を言っていれば必ずどこかで当たってしまうと思うのは私だけではないはずです。

サイバー攻撃が増える

2024年に起きるとされているババ・ヴァンガの予言では、相手の通信手段を奪い、一時的に相手のサーバーごと乗っ取れるようなサイバー攻撃が増えると予言されています。

それに今となっては第二次世界大戦のように軍事力だけが国の強さを表す指標ではなくなり、生物兵器を始め、相手の情報をあらゆる手段を用いて取得できる、あるいはサーバーごと乗っ取れるのかが勝敗の命運を握っているようです。

過去にも、ロシアがウクライナ侵攻を開始した直後に日本ではアノニマスといった集団がロシアの国営放送を一時的に乗っ取ることに成功し、ロシアの人々にロシアが今やっていることは間違っていると訴えたことが話題を呼びました。

そのようなサイバー攻撃が増えるといったことを、インターネットが普及する前にババ・ヴァンガが予言していたとすれば流石です。

多くの自然災害が頻発する

ババ・ヴァンガは「2011年に北半球の生活が放射能で汚染される」として、2011年に起きた東日本大震災を予言して言い当てています。

それに、太陽フレアが近年より強力になっている傾向にあり、ババ・ヴァンガも2023年から地球の地軸が移動する「ポールシフト現象」が起き、その影響から地磁気の乱れから太陽フレアによる有害な宇宙線やプラズマ粒子を取り入れやすくなると予言していたようです。

ですので、2024年は自然災害はもちろんのこと、外出を控えるなどして太陽フレアにも警戒していた方が良いと言えるでしょう。

それに自然災害で、やはり気になるのは活火山の噴火ではないでしょうか。

約1000年以上前の富士山は50年に1度のペースで噴火をしていた活火山だったようです。しかし、富士山が最後に噴火をしたのが300年以上も前ということから、いつ噴火をしてもおかしくないと警戒されています。

しかし、ババ・ヴァンガと同じく東日本大震災を予知していたとされるたつき諒によれば、富士山は「2036年が危ないと警告している」ので、2024年は心配しなくていいのかもしれませんが警戒はしておく必要があると言えます。

飛躍的な医学の進歩

ババ・ヴァンガの予言では、がんの治療法の開発や、不老不死の実現などの人類の医学的な進歩に関する予言も多い気がします。

そして、2024年にはアルツハイマー病に関する難病を克服できる治療法が開発されると予言しているようですが、本当にババ・ヴァンガの予言の内容であれば嬉しい限りです。

地球外生命体との遭遇

地球外生命体とは、今までに幾度も遭遇したとされる人物や事件があったようですが、2024年もまた新たな地球外生命体と遭遇する機会があるとババ・ヴァンガは予言しています。

それに、そもそも人類が誕生した理由も地球外生命体すなわち宇宙人による都合で誕生したといった説があることからも、今後の宇宙人の動向には気を付けていかなければならないのかもしれません。

以上がババ・ヴァンガが2024年に起きると予言した内容ですが、これらの予言内容がブルガリア政府が正式に公表した内容かどうかは保証しませんので悪しからず。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました